カードローン体験記セカンド

Posted by: boadmin

1月 20th, 2014 >> カードローン

カードローン体験記2回目。初めて申し込んでから実際に借りるまでを、今回は書き進めてみようと思う。


カードローンでお金を借りた時

僕が申し込んでみたのは、よくCMで見かけるからという理由でアコムだった。申し込んで記入ミスの確認で書けてきた担当者は、比較的若い男性で、声や口調は柔らかいが、無駄なことは言わない、良い意味でビジネスライクな人だった。僕の場合はそういう人の方が逆に安心出来た。
そして確認の電話からさらに20分ちょっとほど経ってから、審査に通って融資してもらえることになった。
「審査に通りましたが、融資希望額の20万を融資させていただくということでよろしいですか?」
という風に聞かれて、その時は「貸してくれって言ってるんだからYESに決まってるだろう」と思ったが、もしかしたらカードローンの審査に通るかどうかのテストのつもりだった人や、「実はもっと貸してほしい」という交渉をする人もいるのかもしれない。


銀行で気づいたこと

電話を切る前に「今からだいたい10分ほどで振り込みが完了すると思います」と言われたので、家からゆっくり歩いて、通帳を片手に駅前の銀行に向かった。そしてATMに通帳を入れて記帳してからあることに気付いた。
「あ、もしかして、僕の通帳にアコムから振り込まれたことが書かれちゃうのか?!」と焦ったが、記帳された振り込みの名義は「ACサービスセンター」だった。配慮が細かいなと思った。

This entry was posted on 月曜日, 1月 20th, 2014 at 7:40 PM and is filed under カードローン. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.