実録カードローン3回目

Posted by: boadmin

1月 20th, 2014 >> カードローン

カードローンの審査に通って、実際にお金が振り込まれるまでを前回書いたので、今回はその後を書いてみようと思う。久しぶり過ぎてタイトルの感じを忘れてしまったが、スルーの方向でお願いしたい。


カードローンを借りた後

カードローンで初めて借りたのは20万円で、当時の僕の月収よりちょっと多かった。
そういえば、僕のスペックを書いていなかったので、今更だけど書いておこう。
カードローンに申し込んだ当時は、25歳のごく普通の一般企業の会社員。入社3年目。給料は手取りで20万くらいだったけど、その内の1万ちょっとは交通費なので、実質は18万ちょっと。クレジットカードでちょこちょこキャッシングをしたことはあったけど、消費者金融は使ったことがなかった。クレカの方は、滞納したことなかった、と思う。
そう、最初に借りた時はまだそこまでお金が本気でなかったわけじゃないので、僕の信用情報は比較的綺麗だったのだろうと思う。
だからカードローンの返済も滞ることなく、毎月きちんと返済していたし、ボーナスが出た月には繰り上げ返済までしていた。


営業電話について

ちなみに、これは少し先の話になるけど、僕はこの後、無事に最初の20万を完済するのだけど、完済後は数か月に1回くらい消費者金融の方から営業の電話が来るようになった。また融資の予定はないか、という電話。
これは、「彼女が勝手に携帯を見る人なので、出来ればそちらからは電話してこないで欲しい。借金していたことがバレたら困る」という嘘をついたら、パタリとかかってこなくなった。営業電話に困っているなら是非試してみて欲しい。

This entry was posted on 月曜日, 1月 20th, 2014 at 7:41 PM and is filed under カードローン. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.